サーバントップ

サーバントップはFC大阪のオフィシャルパートナーです
アットホームだけど緊張感も。伸び伸びと成長できる環境!

Interview
社員インタビュー

Q.入社のきっかけは?

台湾出身ですが、タイで生まれ育ち、日本でITの仕事をしたいと考え、日本の専門学校から入社いたしました。中国語、タイ語、英語が話せます。今のところ、日本語が一番苦手です(笑。
アニメとゲームが好きで、その分野ではトップクラスの日本で学びたいと考えたのが来日したきっかけです。特にプログラミングに興味を持ち、その方面で就職活動をするなかで、サーバントップに出会いました。
びっくりしたのが、最初の面接が部長だったことです。部長のコミュニケーション能力が高くて、とてもしゃべりやすく、会社の雰囲気が伝わってきて、入社したいなと思いました。入社後も励ましてくれたり、気遣ってもらったり、よく声をかけてもらえます。

Q.どのような業務に携わっていますか?

入社してまだ数ヶ月ですが、今は社内システムの開発をしています。有給休暇申請書や精算申請書など、これまでペーパーだったものを電子化する、電子承認システムの設計から開発までをまかされています。有給休暇申請書は、1ヶ月半で完成しました。精算申請書も1ヶ月以内に完了する予定です。
期限が厳しいので、結構、プレッシャーはありますが、新しいプログラミング言語を、自分自身で調べ、また、学ぶこと、チャレンジすることが好きなんで、とても楽しく仕事をしています。
上司は、具体的な指示ではなく、どのように調べて学べばよいかを教えてくれるので、それも自分には合ってると思います。

Q.将来の目標は?

今後は、お客様の企業へ常駐して業務をするようになります。それについては不安もありますが、プログラミングについては自信があるので楽しみです。
不安な部分、特に日本語でのコミュニケーション能力を磨いていきたいと思います。
将来は、システムをプログラミングするだけでなく、技術とプログラミングを組み合わせて、新しい技術を生み出すことににチャレンジしていきたいです。
今も、休みの日には、自分でゲームの開発をしています。ホラーゲームですが、完成したら、試しに会社のみなさんにも楽しんでもらいたいです(笑。